マクロ(VBA)

マクロ(VBA)を使って複数のファイルを添付してメールを送信する(outlook)

以前公開したマクロを使ってメールを送信する動画に複数ファイルを添付する方法について質問がきましたので、今回はその解説をしていきます。

基礎のコードはこの記事を確認してください。

>>マクロを使って複数の相手にファイルを添付してメールを送信する方法

複数ファイル添付のコード全文

指定したファイルパスをすべて添付する

マクロの勉強

前回紹介したマクロからの変更点はファイル添付の箇所だけです。

何を追加したかと言うと、メール送信用の一覧に添付したファイルパス+ファイル名を入力する欄を追加しています。

で、そのファイルパス+ファイル名の欄が空欄になるまで添付処理をするという処理をループしています。

このコードの活用方法

時短テクニック

今回紹介しているコードはあくまでVBAでoutlookを動かすことだけに焦点を当てていますが、このコードうまく活用すればより業務効率化に直結させることができます。

では、具体的にどう活用するかと言うと、このファイルを添付して、メールを送信するマクロの前に、ファイルを作成するマクロを追加するんです。

で、作成したファイルの場所とファイル名を添付ファイルの場所に反映させると。

そうすれば、作成から送信までほぼ自動で完了することができます。

私は実際の業務でもファイル作成+メール送信のマクロを多用しています。

例えば、売上の元データが毎週上がってきて、それを部内で共有しなければいけない場合、今まではいちいち手作業でファイルを作成して、出来上がったファイルを宛先、件名、本文、添付ファイルをポチポチ入力してメール送信していました。

しかし、今回紹介したマクロ+ファイル作成を使えば1ボタンでファイル作成からメール送信までできてしまいます。

ファイル作成のVBAについては需要があれば動画にしていこうと思います。ピポットも罫線も、VlookもVBAでは自動で完了することができます。

まとめ

VBAでoutlookを制御するのってなんか難しいイメージがあるかもしれませんが、今回紹介したようにVBAの延長で全然処理できちゃいます。

ファイル作成までVBAでやっているなら、そのファイルの発信まで視野にいれてVBAを作成すればより業務効率化が進むこと間違いなしです。

関連記事