マクロ(VBA)

マクロ(VBA)の開き方~初心者向け~

サラリーマン
サラリーマン
マクロ(VBA)を作るって言っても何をどうすればいいかわからない…

というわけで、今回はマクロを作る場所に辿り着くまでを解説します。初心者にも分かりやすいように説明をしていきます。

マクロの画面を開くだけで、隣の席の同僚より一歩先に進めるのです。

フォルダ名とシート名を入力するだけでマクロができちゃうページ

マクロの画面が開けたら勝ったも同然

勝利のポーズ

普通のサラリーマンはマクロの画面なんて開きません。なので、マクロの画面を開くだけであなたは残業を減らす業務効率化に一歩近づいたのです。

あとは、ネットに転がっている式をつなぎ合わせていけばマクロは完成です。

他の記事でも何度も言っていますが、マクロを作るのは簡単です。

エクセルを「Excelマクロ有効ブック(xlsm)」で保存

いつも使っているエクセルの拡張子は「.xlsx」に設定されています。しかし、「.xlsx」ではマクロ(VBA)を作ることも動かすこともできないのです。

なので、まずはエクセルを「.xlsm」で保存をすることから始めます。

  1. エクセルを開き、ファイルタブを選択
  2. 「名前を付けて保存」を選択
  3. ファイルの種類を「Excelマクロ有効ブック」を選択して保存
ファイルを選択
名前をつけて保存
ファイルの種類

これだけでもうマクロ(VBA)の下準備は完了です。

マクロは.xlsmでないと動作しない

マクロの画面を開く

下準備が完了したら次はいよいよエクセルでマクロの画面を開きます。

マクロを開く方法はエクセル上で「Alt」ボタンと「F11」ボタンを同時に押すのです。

するとこんな画面が開きます。

マクロの画面

これでマクロの画面を開くのは完了です。

この後、モジュールを追加したらマクロを作っていけるのですが、私はこのやり方でいつも始めていません。(ちょっと面倒くさいので)

じゃあ、どうしているかと言うと。

  1. エクセルの「表示」リボンを選択
  2. 右のほうにあるマクロボタンの下の▼を押す
  3. 「マクロの記録」を押す
  4. 小さいウィンドウがでてくるので、OKを選択
  5. なにもせずに、「記録終了」を選択
  6. 「Alt」と「F11」を同時に押す

こうすると、マクロの画面の左の方に「標準モジュール」の下に「Module1」が追加されているのが確認できると思います。

その「Module1」を選択するとマクロの式を書く作業スペースが表示されます。

「Sub Macro1()」と「End Sub」以外のテキストはいらないので全部消す
マクロの画面

「Sub Macro1()」と「End Sub」の間に式を書けばマクロが作動します。

一気にマクロを走らすのはF5 1行ずつはF8ボタン

なんかわくわくしませんか?

あなたは普通のサラリーマンが知ろうとしないプログラミングのツールを手に入れたのです。

ここに式を書きさえすれば業務効率化は目の前なのです。

まとめ

細かな設定とかは必要ありません。そんなガチガチなマクロを作る想定はしていないので。業務効率化ぐらいのマクロだったら、ここに式を書くだけで充分です。

次回以降で実際に業務で使用できるマクロの式を紹介していきます。
フォルダ名とシート名を入力するだけでマクロができちゃうページ

関連記事