残業の愚痴

同調圧力で残業させられてクリスマスイブのデートに間に合わなかった話

まず、私は残業がとても嫌いです。

でも、そんな残業よりもっと嫌いなものがあります。

残業を美徳として、周りにもそれを強いてくる奴らです。

今でも忘れません。

2015年のクリスマスイブ。

パソコンの電源を切り帰る準備を終えて、カバンを背負った私に同僚(33歳独身女の先輩)が声をかけてきました。

スッピン先輩
スッピン先輩
予定がないなら、皆の仕事手伝って。あるなら帰ってもいいけど。(声大きめ)

結婚して初めてのクリスマスイブに向けて

クリスマス

私たち夫婦は2015年の3月に結婚し、今の職場(東京)に転勤してきました。

地方出身の2人は慣れない東京での生活に悪戦しながらも、支えあって生活をしていました。

もうすぐクリスマス

夏も過ぎ、年の瀬が近づくにつれ、「もうすぐクリスマスだね。楽しみだね」と二人でキャッキャ言っていました。

クリスマスは家でパーティーをしようと約束して、指折りかぞえ楽しみにしていたのです。

事前に百均でペラペラのサンタのコスプレやよく見るワシャワシャの飾り付けを買って、準備は万全。

あとはクリスマスを待つだけ。

残業を減らすために頑張る

時短テクニック

自分で言うのもなんですが、当時の私の仕事量は少なくありませんでした。

しかし、上でも言った通り私は残業が嫌いだったので、朝は7時ぐらいに出勤し、昼もご飯を食べ終わったらすぐに仕事に戻って、なんとか残業をしないようにしていました。(残業みたいなものですが…)

また、マクロを独学で勉強して、業務を効率化した上で、他人の業務の手伝いをすることも。

そんな努力の結果、私の残業時間は徐々に短くなっていきました。

でも、それがいけなかったのです。

残業好きからの嫌がらせ

ミスを減らす方法

私の部署には2人の残業好きがいまして、一人は副部長、もう一人はその副部長に可愛がられてるいつもスッピンの女性先輩(33歳独身)

  • 副部長 … イケメンでいつもお菓子食べてる45歳
  • スッピン女 … 飲み会の時だけ化粧する京都訛り

残業好きからしたら、定時で帰ることが多い私のことが気にくわなかったのでしょう。

副部長
副部長
残業してないけどヒマなの?
スッピン先輩
スッピン先輩
仕事が速い●●さんに手伝ってもらっちゃおかなー

的な嫌味を毎日言われていました。

スッピン先輩が私へ仕事を振る提案

副部長私に仕事を振る

こんな地獄みたいなループが繰り返されていました。

正直、はらわたは煮えくり返っていましたが、ただただ我慢しておりました。

そんなこんなで12月に突入する頃にはまた徐々に残業が増えていきました。

いよいよ迎えたクリスマスイブ当日

クリスマスツリー

上のような事情のため、仕事量が増えておりましたが、クリスマスイブ当日は最強に段取りを組んで完璧に仕事を終わらせました。

時間は18時ぐらい。嫁に今から帰るとラインを送り、帰宅の準備。

パソコンの電源を切って、カバンを背負い、嫁が待つ家に帰ろうとしたその時!

スッピン先輩
スッピン先輩
予定がないなら、皆の仕事手伝って。あるなら帰ってもいいけど。(声大きめ)

時間が止まるってこういうことを言うんだなと体感しました。

「(こいつはいったい何を言ってるんだ?)」

「(いつもさんざん手伝いさせておいて)」

「(そもそもお前の仕事が遅すぎるせいやろ)」

「(副部長とキャプテン翼の話をするぐらいなら手を動かせ)」

「(いつもスッピンやからたまにする化粧がクソへたくそやねん)」

「(京都訛りが許されるのは安田美沙子みたいな可愛い女だけやぞ)」

「(廊下で挨拶したらちゃんと挨拶返せよ)」

「(30過ぎた女がスプラトゥーン好きなんですーとかほざくな)」

「(beatsのヘッドホン使ってるけど、もっ他に気を使うところがあるやろ)」

こいつだけは絶対に許さん

ここで「予定があるんで帰ります」という肝は当時はまだ持ち合わせておりませんでした。

私は魂が抜けたように自分のデスクに座り、カバンを降ろし、本日2回目のパソコン起動。パソコンが起動するまでの空いた時間で嫁に「帰れなくなった」とラインで報告。

「残念。待ってる」とだけ返信が来ました。

憤死直前

この時手伝わされた仕事はガチで中学生でも出来るような書類の整理でした。

よくアニメキャラで怒りすぎて口から血を流したり、目から血を流すことがありますが、あんな感じで仕事をしておりました。(歯周病なので歯茎からはよく出血)

また、怒り狂って死んでしまう、”憤死”という言葉がありますが、あと少しで憤死しそうでした。周瑜みたいになるところでした。

残業を終えクリスマスイブに帰宅

パーティー

家に着いたのは23時頃。

飾り付けられた部屋で嫁はポツンと待っておりました。ご飯も食べずに。

少し遅くなったけどパーティー開始。冷めたチキンも結構うまい。冷めたピザの耳は殺人的な硬さ。

この時決意しましたね。

もっと業務効率化して絶対に残業を減らすと。

その後、部署が再編されたことにより、異動はしていませんが、副部長とスッピン先輩の影響下から解放されました。

今ではやることはやってさっさと定時で帰宅しています。

たまに、副部長に嫌味を言われますが、昨今の働き方改革のおかげで面と向かって反論しております。

その模様は↓の記事で確認ください。

残業を美化する上司
残業を強制&美徳とする上司との付き合い方~働き方改革~昨今の残業規制の流れに歯向かうように、残業=正義と考えている上司ってまだまだ生息していますよね。そんなクソ上司の生態と付き合い方を解説します。...

まとめ

仕事が多くて残業をするのは最悪しょうがないと思います。

しかし、同僚の同調圧力により残業をさせられるのだけは正直絶対に許せません。また、周りが帰らないから帰れないという空気も大っ嫌いです。

残業好きな奴らと戦って、少しでも職場が帰りやすい雰囲気になるようにお互い頑張りましょう。